ロールスクリーンのメリット、デメリット

ロールスクリーンは手軽に設置できる遮光手段です。落ち着いた色からポップなものまで部屋の雰囲気を演出します。メリットはカーテンレールを設置しなくても簡単につけられ、収納時もコンパクトです。カーテンのように窓のサイドに束ねられることがありません。片手で手軽に開閉が出来ます。埃も付きにくく衛生的で、見た目もすっきりとしています。窓の沢山ある部屋や、縦長の窓などは特に適しています。反面いくつかのデメリットもあります。基本的に一重なので、カーテンに比べると室温が外に逃げやすく、冬場は寒いです。全開にしたときに外に丸見えになってしまいます。レースのカーテンをつけたい場合は、窓枠に突っ張り棒を設置するなどの工夫が必要です。汚れた場合に丸洗いできません。巻き取り時にバランスが崩れると、斜めに巻かれていきます。それらを踏まえて検討しなければなりません。

部屋のイメージチェンジは、ロールスクリーンで

ロールスクリーンとは、紐の操作により、ロール状に巻かれた布を、巻き上げたり下げたりして使用します。一般的には、カーテンやレースのように、光りや人の目線を遮るために使用するものですが、それ以外にも、部屋の間仕切、クローゼットや押入の扉がわりなど、工夫次第で様々な用途の利用が可能なウィンドウアクセアリーのひとつです。最近では、抗菌加工や消臭機能の付されたもの、遮光、遮熱性能が充実した省エネタイプのものなど、機能性の優れたものが、次々発売されています。また、デザインも、花柄、ドット柄、北欧風のパターン柄の他に、手漉き和紙風に加工されたものなど色々あるので、壁紙だと冒険しずらい場合も、ロールスクリーンだと、上げ下げでコンパクトに収納出来るので、少し大胆に自分好みのものをチョイス出来るかもしれませんね。

ロールスクリーンを階段に設置

新築の一戸建てを買ったのですが、リビングから直接上の階に繋がる階段があり、ドアも無いので、夏はなかなか冷房が効かず、又冬も寒いので、ロールスクリーンを設置してドアの代わりにしようと決めました。そしてリフォーム屋さんに行き、色んな種類の物を見せてもらって、白い壁に合わせて、白のロールスクリーンを買い、同時に設置してもらえる事も出来ました。おかげで、仕切りが出来たので、冷暖房が効きやすくなり、電気代節約にもなりました。白の生地に少しデザインがある物なので、さりげないオシャレで、又リビングの壁にマッチしているので、とても気に入っています。取付け料込で1万円だったので、格安で出来て嬉しいです。又、色んな事に使えるとリフォームの方から教えてもらったので、将来子供が大きくなったらそれぞれの部屋が欲しいと思うので、その時にお願いしようと思っています。

6畳カーペットは¥8700からありますラグは¥2980から送料無料ですこれは激安。 日本最大級の商品数となっております!お客様のお探しの商品がきっと見つかります! 引っ越し転勤などやリフォーム等一人暮らしの方。 お値打ち価格の、滑り止め付カーペット販売しております! 東京都、大阪府、名古屋などの都会の方 また離島などで販売店の無い方。地方の新築。 送料無料でネット最大級の在庫数の絨毯の取り扱い。 ロールスクリーンで満足のいく買い物を